模写修行メディア

【シェアNo.1】安定のエックスサーバーの契約からWordPressのインストールまで解説

この記事ではエックスサーバーの新規契約から、WordPressのインストールまで画像も使って丁寧に解説します。

この記事通りに進めれば、最後には独自ドメインでWordPressを使ったサイトの立ち上げができます。

エックスサーバーは、国内シェアNo.1のレンタルサーバー。安全に運用したいならおすすめです。

gakuのアイコン

レンサバは何社も使ったけど1番おすすめ👍

10日無料お試し期間あり
エックスサーバーの契約はこちら
初心者にもおすすめ!主要レンタルサーバー8商品を徹底比較

👆主要レンタルサーバーを徹底比較した記事です。

この記事の目次

エックスサーバーはこんなサイトにおすすめ!

エックスサーバーの画面

エックスサーバーはエックスサーバー株式会社が運営しているレンタルサーバーです。エックスサーバーを含めて下記の3つを運営しています。

補足
セキュリティ・サポート・スペック等に、よりこだわった法人レンタルサーバーもありますが、小中規模であれば特に必要ないと思います。法人でも、普通のエックスサーバーを使っている会社はたくさんあります。

エックスサーバー株式会社の3つのレンタルサーバー

前述した3つのレンタルサーバーの違いをざっくり紹介します。

wpX SpeedはWordPress専用のサーバーです。したがって、LPなどの静的なサイトには使えません。『WordPress専用 = WordPressの高速化対策がされたサーバー』と思えば良いです。

先日電話で問い合わせた際に、wpX SpeedよりもwpXシン・レンタルサーバーの方がスピードが速くなる可能性があると言っていたので、wpX Speedを使うメリットはあまりないかもしれません。

  • 安定性を取るなら、エックスサーバー
  • よりスペック重視なら、wpXシン・レンタルサーバー

このような選び方で良いと思います。僕はエックスサーバーを契約していますが、スピードは申し分ないです。サーバーはトラブルが起きると面倒なので、安定性を重視した方が良いと思っている派です。

エックスサーバーのプラン

エックスサーバーのプラン

エックスサーバーには3つのプランがあります。

  • スタンダード
  • プレミアム
  • ビジネス

サーバー移行する場合で、サイトが中規模以上な場合や元のサーバーに大量のデータがある場合を除いて、スタンダードで良いと思います。スペックも十分です。

上位プランや下位プランへの変更が可能なので、容量がいっぱいになった時にプラン変更すれば良いです。

エックスサーバーの懸念点

  • 値段が少々高め

他のサーバーと比べると、少々値段は高めなので、その点のみデメリットです。

【コスパ最強】218円/月で使えるコアサーバーの契約からWordPressのインストールまで解説

なるべく費用を抑えたいなら、コアサーバーは218円/月で使えます。

ただし、できる限り安定運用したい場合や、クライアントワークではエックスサーバーをおすすめします。エックスサーバーは電話サポートもあり、サポートがしっかりしているので、特に安心です。

安心感は値段に変えれない🙌

エックスサーバーの契約はこちら

エックスサーバーの新規契約からWordPressのインストールまで解説

新規契約からWordPressのインストールまで、画像を使って解説します。

エックスサーバーのヘッターのお申し込みへ進みます。
エックスサーバーのヘッター

デフォルトで新規お申し込みになっているので、サーバー移転でなければこのまま進みます。このページの中ほどにお申し込みフォームへのボタンがあるはずです。

エックスサーバーのログインページ

新規お申し込みへ進みます。10日間は無料お試し期間に設定されています。使ってみて何か問題があれば、辞めれるので良いですね。

エックスサーバーのログインページ

赤枠の利用するにチェックを入れると、ドメインの同時申し込みの取得・設定 / SSL設定 / WordPressの設定を済ませてくれます。ただし、ここにチェック入れると10日間の無料お試し期間の対象外になってしまうので、お気をつけください。

  • エックスサーバーを使うことが確定している
  • WordPressを使ったサイトを作る

このような場合、10日間のお試し期間は使えなくなってしまいますが、この時点でチェックを入れてしまった方が楽で良いです。

注意!
WordPressクイックスタートを使わない場合、ドメインの取得、SSLの設定、WordPressのインストールなど、難しくはありませんが、面倒な作業が待っています。

その後の手順は、下記になります。基本的にフォームを入力していくだけなので、難しいことはありません。

  1. 取りたいドメインの情報とWordPress情報の入力して次へ
  2. お客様情報を入力して次へ
  3. お支払い方法を入力して次へ
  4. メールで送られてくる確認コードを入力して次へ
  5. 確認画面で最終確認してSMS・電話認証へ
  6. 認証して完了

※ サイトが表示されるまで設定完了から最大1時間程度かかるので、エラーが出た場合、少し時間を空けて確認すると良いです。

WordPressクイックスタートを使わない場合、3番の『お支払い方法』の入力と5番の『SMS・電話認証』がありません。それ以外は同じです。

完了メールにログイン情報やWordPressの情報が記載されています。

注意!
WordPressクイックスタートを使った場合もhttp→httpsのリダイレクト設定が必要です。やり方はこちらに記載しています。

WordPressクイックスタートを使えば超簡単👍

エックスサーバーの契約はこちら

WordPressクイックスタートを使わない場合

WordPressクイックスタートを使わない場合、下記の作業が必要です。

  • ドメインの取得と設定
  • WordPressのインストール
  • http→httpsへのリダイレクト設定(クイックスタートを使った場合も必要)

それぞれ画像を使って紹介します。

ドメインの取得と設定

💡ドメインの取得

エックスドメインのページ
Xserverドメインにアクセスすると、取得したいドメインの検索ができます。

ドメインを取得する際は、まず右上のログインボタンから、ログインします。サーバーの契約(お試し期間含む)をしている方は、新規で登録する必要はありません。XserverアカウントIDとパスワードでログインします。

エックスサーバーの管理画面

ログインすると上の画面に飛ばされるはずです。赤枠の『ドメイン取得』へ進みます。

エックスサーバーの管理画面

取得したドメイン記入&選択して検索します。

エックスサーバーの管理画面

ネームサーバーの設定は、ドメインをどのサーバーに紐づけるかの設定です。契約したエックスサーバーに紐づける場合、赤枠の箇所を選択しましょう。他社のサーバーを使う場合、後でネームサーバーを変更する必要があります。

その後は、支払い方法の選択と記入をして取得は完了です。


💡ドメインの設定

ドメインの取得が完了したら、サーバーの管理画面でドメインの登録が必要です。

エックスサーバーの管理画面

エックスサーバーにログインして、ドメイン設定に進みます。

エックスサーバーの管理画面

ドメイン設定追加に、今回追加したいドメインを入れて、確認へ進んで登録すれば完了です。SSLとXアクセラレータのチェックは入れたままでOKです。

重要!
SSLを利用するにチェックを入れると、httpsでアクセスできるようになります。ただ、このままだとhttpでもアクセスできる状態なので、リダイレクト設定も必要です。やり方は後述します。
エックスサーバーの管理画面

反映に最大1時間程度かかります。反映待ちのラベルが消えれば完了です。

WordPressのインストール

WordPressのインストール方法を紹介します。

エックスサーバーの管理画面

エックスサーバー管理画面のWordPress簡単インストールへ進みます。

エックスサーバーの管理画面

情報を入力して確認へ進んで、インストール開始をすれば完了です。データベースは手動で作っても良いですが、特別な理由がない限り自動の方が楽で良いです。

httpからhttpsへのリダイレクト設定

SSL化は完了していても、httpからhttpsへのリダイレクト設定をしないと、httpでもアクセスできてしまいます。

ここでは、httpからhttpsへのリダイレクト設定方法を紹介します。

注意!
WordPressクイックスタートを使ってもこの作業は必要です。
エックスサーバーの管理画面

エックスサーバー管理画面の.htaccess編集へ進みます。

エックスサーバーの管理画面

進んでいくと上の画面にたどり着きます。途中で『上級者向けの機能です』と出ますが、編集しないとリダイレクトができないので、気にせず進みましょう。

エックスサーバーの管理画面

先頭に赤枠の3行を追加して確認・確定すれば、完了です。間違えるとサイトが表示されなくなることもあるので、編集前のコードをコピーしておくと良いです。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

👆貼り付けるコードです。

快適な環境でサイトを運用しよう👌

エックスサーバーの契約はこちら

この記事を書いた人

Gakuのアイコン

Gaku / @gaku92014091

大学・大学院時代から個人で仕事をする。卒業後5年間のフリーランス期を経て、法人化。マーケティング、デザイン、コーディング、プログラミング(フロント)、幅広くやります。webサービス作るのが好き!

\Share/

模写修行のトップページのスクリーンショット
模写修行

駆け出しエンジニアのためのコーディング練習教材