模写修行メディア

Progateでは不十分!次に勉強すべきこと(web制作/フロントエンド編)

プログラミング学習サービスはたくさんありますが、その中でも圧倒的に知名度があり、多くの方に使われているサービスがProgateです。

Progateを使った学習は、HTML・CSSを終えてから、下記のどちらかに進むのが王道の流れです。

  • フロントエンドに興味があればJavaScript
  • バックエンドに興味があればRuby or PHP or Python

初学者の方にとってプログラミングに慣れる / 知るという意味で、この流れは適切です。ただし、Progateは基礎の基礎を勉強するサービスです。Progateだけではとても実務レベルのスキルや知識は身につきません。

この記事では、『Progateの次は何を勉強すれば良いのか』について、web制作 / フロントエンドに特化して紹介します。

↓学習ロードマップ(web制作編)の記事も書きました。

【web制作】プロになるための学習ロードマップ!

💡 Progateの次に使えるサービス

月2980円で質問し放題の侍テラコヤがおすすめです。

↓レビューした記事もあります。

月2980円で質問し放題の侍テラコヤが良さげ?現役エンジニアがレビュー!(口コミや評判も調査)

人数制限があるのでお早めに!👀

侍テラコヤ 公式サイト

この記事の目次

プログラミング学習で大事なことは?

プログラミング学習をする上で、『遠回りしないための心得』を知っておくことはとても重要です。

Progateはどんな方に向いているサービスか

↑Progateはこんな方に向いているサービスです。

初心者向けに、かなり分かりやすく学べるサービスなので、勉強の入りとしては良いです。多くのエンジニアがおすすめしています。


↑こんな方にとってはProgateを使うことは非効率な学習方法になります。

現役エンジニアが、他の分野や言語を学ぶ際、Progateを使う方はほとんどいません。大体の方が書籍と公式ドキュメントで勉強します。

Progateはプログラミングに慣れる / 触れてみる目的のために活用しましょう!

gakuのアイコン

幅広くよりもまずは1つの分野を極めることが大事!

  • 何を作りたいか
  • どんな企業に就職したいか
  • どんな働き方をしたいか

目的によって、勉強すべきことや方針は変わります。

その方向性が定まっていないから、『色んな言語に触れてみる』のであれば、それは悪いことではありません。

しかし、目的が決まっているのであれば、あれこれ手を出すべきではありません。実務レベルのスキルを身に付ける上で、広く浅く勉強することは遠回りです。


💡 例えば...

  • HTML・CSS / JavaScript / jQuery / React がどれも少しだけ書ける人
  • JavaScriptはまだほとんど書けないけどHTML・CSSはちゃんと書ける人

後者の方が需要はあります。簡単と言われがちなコーディングもちゃんと書ける人は多くいません。


  • レスポンスが速い
  • コーディングのスピードが速い
  • 言われてないことも汲み取れる

ちゃんと書けることに加え、↑これらがあれば、稼げないと言われているコーディングでも、3,40万/月くらいは十分可能な範囲です。

2980円でzoomで学習相談も可能!💡

侍テラコヤ 公式サイト

まずはコーディングを!実務レベルとは?

フロントエンドを主戦場にするのであれば、Progate終了後にまずはコーディングをしっかり勉強しましょう。コーディングがまともに出来ることは必須です。

個人的には上の3点が実務レベルだと思います。この3点に関して詳しく紹介します。

Progateは良いサービスですが、到達できるレベルは『かなり簡単なデザインであれば再現できる』くらいです。

gakuのアイコン

デザインを再現できる

前述した通り、Progateをしっかりやれば、かなり簡単なデザインであれば再現できます。次のステップとしては、もっと複雑なデザインも再現できることを目指します。

複雑なデザインとは、ギャラリーサイトに載っているようなデザインのことではありません。それよりもっと簡単なwebサイトです。例えば、模写修行の教材くらいのレベルです。

そのために必要なことはとにかく書くことです。2,30サイトくらい作ればデザインを見ただけで、おおよそHTMLがイメージ出来るようになります。

保守性や拡張性を考えたコードが書ける

保守性や拡張性を考えたコードを書けるようになるためには、CSS設計の勉強をしましょう。

学習サービスや書籍のほとんどは初学者をターゲットにしているので、SEO / 保守性 / 拡張性をあまり考えていないケースもあります。

プログラミングスクールも同じです。多くのスクールでCSS設計は教えていません。

CSSは破綻しやすい言語なので、自己流で書いていると、どんどんひどいコードになります!😭

gakuのアイコン

CSS設計の概要が知りたい方は、下の記事を参考にしてみてください。

【実務向け】CSS の class 名の決め方(命名規則)はどうすればいいか?について解説

しっかり学ぶためには書籍で勉強するのがおすすめです。下の記事で紹介している3冊は、必ず読んでおいた方が良いです。

【レビュー記事】CSS設計に関するおすすめの本はこの3冊で決まり!

効率よく書けるようになる

フリーランスや副業では、効率よく書くことは自分の時給を上げることに繋がます。

  • Sass
  • EJS / Pug
  • gulp / npm scripts / webpack
  • Git / GitHub

効率化するためにはこれらを勉強しましょう。コーディングがある程度出来る人にとって、学習コストは高くないはずです。ただし、全くJavaScriptに触れていない状態だと、難しいです。まずJavaScriptを軽く勉強してからの方が良いかもしれません。

今後の方向性によっては使わないものもあるかもしれませんが、学んでおいても損はないです。

Git / GitHub は効率化ではありませんが、チーム開発の時には必要なので、勉強しておくと良いです。

コーディングの練習には模写修行がおすすめ!

  • デザインを再現できる
  • 保守性や拡張性を考えたコードが書ける
  • 効率よく書ける

この3点全ての練習になるように作ったのが、僕らが運営している模写修行です。

デザインを再現できる
→無料教材や初級教材がおすすめです。登録すれば無料教材が見れます。

保守性や拡張性を考えたコードが書ける
→全ての教材でCSS設計を意識したコードになっています。

効率よく書ける
→中級編の教材がおすすめです。資料にはSassのコードも含まれています。

模写修行で実践的な練習を✊

さっそく練習する

コーディングの次に勉強すべきこと

コーディングの次に勉強すべきこと

コーディングが出来るようになったら、その後どの道に進みたいかは2パターンに別れます。

  • web制作を仕事にする
  • フロントエンドエンジニアになる

どちらかに進むかによって、やるべきことが変わります。もちろんいずれどちらも出来る人を目指しても良いです。

web制作を仕事にする

  • JavaScript(jQuery)
  • WordPress

web制作を仕事にしたい場合にやるべきことは、上の2つです。

web制作を独学で勉強したい人向け!注意点からおすすめの書籍やサイト紹介まで紹介

JavaScript(jQuery)とWordPressの基礎を勉強するのにおすすめの書籍は、上の記事で紹介しています。

JavaScriptのアニメーション系のライブラリでは、GSAPが有名です。多くのサイトで使われています。興味があるライブラリは積極的に使ってみると良いです。

WordPressはオワコンと言われることもありますが、そんなことはありません。まだまだ使われますし、WordPressがわからないと対応できる仕事はかなり減ります。

基礎を勉強した後は、ポートフォリオサイトを作ってみると良いです。

駆け出しweb制作者向け!ポートフォリオサイトの作り方!

どんなことを意識して作ると良いかは、上の記事を参考にしてみてください。


🐾 学習ステップ

  1. よし、web制作の勉強をするぞ!
  2. ProgateでHTML・CSS / JavaScript / jQueryをやってみる
  3. コーディング(HTML・CSS)を勉強する
  4. JavaScriptの基礎とjQueryを勉強する
  5. WordPressの基礎を勉強する
  6. ポートフォリオサイトを作ってみる

フロントエンドエンジニアになる

フロントエンジニアが扱うJavaScriptは、ReactやVueなどのライブラリやフレームワークとTypeScriptになります。ReactとVueはどちらか1つで大丈夫です。

  • ReactとセットでNext.js、
  • VueとセットでNuxt.js

これらも勉強することになります。Next.jsとNuxt.jsはフレームワークです。

フロントエンジニアもサイトに動きを付けることはありますが、web制作のように派手な動きを作ることはあまりありません。また、jQueryを使うこともほぼないです。

ReactとVueに関して、日本ではVueも人気ですが、世界的にはReactの方が人気です。最近の勢い的にも個人的にはReactがおすすめです。

フロントエンドは流れが速いので、学習に使う書籍は、1年以内に出版されたものが良いです。

超重要!
ProgateのReactコースは、今は使わない古い書き方で解説しているので、おすすめしません。

🐾 学習ステップ

  1. よし、フロントエンドエンジニアになるぞ!
  2. ProgateでHTML・CSS / JavaScript をやってみる
  3. コーディング(HTML・CSS)を勉強する
  4. JavaScriptを勉強する
  5. React or Vueを勉強する
  6. TypeScriptを勉強する
  7. 何か作ってみる

2倍速で成長したい方はメンターを使おう!

独学でもプログラミングの勉強は可能です。しかし、上記の点でとても非効率です。侍テラコヤは格安で質問し放題なので、効率的に学習をしたい方にはおすすめです。

↓レビュー記事

月2980円で質問し放題の侍テラコヤが良さげ?現役エンジニアがレビュー!(口コミや評判も調査)

人数制限があるのでお早めに!👀

侍テラコヤ 公式サイト

この記事を書いた人

Gakuのアイコン

Gaku / @gaku92014091

大学・大学院時代から個人で仕事をする。卒業後5年間のフリーランス期を経て、法人化。マーケティング、デザイン、コーディング、プログラミング(フロント)、幅広くやります。webサービス作るのが好き!

\Share/

模写修行のトップページのスクリーンショット
模写修行

駆け出しエンジニアのためのコーディング練習教材