模写修行メディア

web制作でよく使うWordPressのプラグイン17選

WordPressには便利なプラグインがたくさんあり、サイト制作時にもプラグインは必ず使います。ただし、使うプラグインは大体決まっています。

この記事では、使用頻度が多いWordPressのプラグインを17個紹介します。個人的に、この17個で小中規模なサイトであれば、9割くらいはカバーできるのではないかと思っています。

勉強中の方は、ぜひ紹介しているプラグインを入れて、いじってみてください。記事にないもので、使ってるものがあれば、ぜひTwitterで記事のシェアと一緒に教えてください。

gakuのアイコン

コーディング教材作りました 🎉

こんな方におすすめです。

  • コーダー・フロントエンドエンジニアを目指している
  • 基礎学習を終えて実践的な"練習"がしたい
  • XDのデータを見ながらコーディングの練習をしたい
  • プロのコードを見たい
  • CSS設計やSCSSの勉強もしたい

無料の教材もあるので、ぜひ学習にご活用ください。

模写修行を見る

この記事の目次

使用頻度が多いWordPressプラグイン17選

web制作でよく使うプラグインをジャンルに分けて紹介します。

カスタム投稿

カスタム投稿はfunctions.phpにコードを書くことでも作れますが、Custom Post Type UIを使うとより簡単に作れます。

WordPressのパーマリンクの設定は、投稿とカテゴリに反映します。カスタム投稿には反映しません。カスタム投稿のパーマリンクの設定を変更したい場合は、Custom Post Type Permalinksを使うと良いです。

カスタムフィールド

カスタム投稿同様にカスタムフィールドもfunctions.phpにコードを書くことでも作れますが、Advanced Custom Fieldsを使うとより簡単です。

有料版のAdvanced Custom Fields Proは、無料版にない機能もあり、柔軟にカスタムフィールドが作れます。僕が唯一使うことがある有料プラグインです。

セキュリティ

セキュリティ関連で定番のプラグインです。どんなサイトにも必ず入れます。ログインページのURLを変更したり、様々なセキュリティ対策ができます。

小中規模のサイトであれば、このプラグイン1つで、最低限のセキュリティ対策はOKだと思います。

記事複製

記事を複製するためのプラグインです。2つのうちどちらを使っても良いです。

テスト投稿を入れるときなどに便利なので、制作時は必ず入れています。

SEO関連

SEO関連のプラグインです。どれを使っても良いです。

小中規模なサイトであれば、SEO SIMPLE PACKが使いやすくておすすめです。All in One SEOは有名ですが、バグがたまにあるのと、いつかのアップデート以降少し使いにくくなったので、最近は使っていません。

クラシックエディタ

WordPressは現在デフォルトでブロックエディタを採用しています。昔採用されていたクラシックエディタを使用したいときに使うのが、Classic Editorです。

個人的には、クラシックエディタの方が好きです。とはいえ、WordPressが推しているのはブロックエディタなので、ブロックエディタを使っておいた方が無難です。

パスワード保護

サイトにパスワードをかけるためのプラグインです。

本番公開前、テストサーバーに上げるときに使います。Basic認証でもOKなので、使わなくても良いです。

サイト移行

サイトの移行を簡単に行うことができるプラグインです。

ワンクリックで移行が完了するので、とても便利です。

お問い合わせ

お問い合わせでよく使われるプラグインです。

MW WP Formは最近メンテナンスがされていないので、Contact Form 7を使っておいた方が無難かもしれません。

サイトマップ

XMLサイトマップファイルを自動で作るプラグインです。今は一時的?に停止されいるようです。

前述したAll in One SEOとYoast SEOでもXMLサイトマップは作れます。

並び替え

カテゴリーとカスタムタクソノミーの順番を変更できるプラグインです。

カテゴリー / カスタムタクソノミーを一覧で表示するとき、意図した順番にするために、使うことがあります。

その他

日本語の文字の扱いを改善するプラグインです。

必須ではありませんが、サイト内検索の実装や抜粋の表示をする際は入れておくと良いです。詳しくは下記の記事を参考にしてみてください。

参考:WP Multibyte Patchは必要か不要か?具体的に何をしているか見てみた

プラグインを使う際の注意点

WordPressは多くのサイトで使用されているため、ハッカーからの攻撃対象になることも多いです。

  • WordPress自体の脆弱性
  • プラグインの脆弱性

上記2つの脆弱性により、攻撃されることがあるので、常に最新のバージョンにしておく必要があります。

プラグインは提供元が様々なので、中には長い間メンテナンスされていないものもあります。

この2点には注意しましょう。メンテナンスされていても有効インストール数が少ないものは、使わない方が安全です。

メンテナンスされていないプラグイン

見るべき箇所は上の画像の赤枠の部分です。この画像のプラグインは、もう5年も前に更新が止まっているので、使わない方が良いです。

また、使わないプラグインの削除もお忘れなく!

この記事を書いた人

Gakuのアイコン

Gaku / @gaku92014091

大学・大学院時代から個人で仕事をする。卒業後5年間のフリーランス期を経て、法人化。マーケティング、デザイン、コーディング、プログラミング(フロント)、幅広くやります。webサービス作るのが好き!

\Share/

模写修行のトップページのスクリーンショット
模写修行

駆け出しエンジニアのためのコーディング練習教材